写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は貴重な遺跡

f:id:photolifenet:20170315102423j:plain

 日本には石造りの建築が少なく、なじみがないからなのか、或いは木造建築を見飽きているのか、ヨーロッパなどの石造りの古い街並みに憧れがあるような気がします。
 一方でそれとは逆に、多分ヨーロッパの、石造りの古い街並みに住んでいる人たちは、日本の、例えば岐阜県高山のような、古い木造の町並に憧れるのかもしれません。多分お互いに物珍しいのでしょうね。
 私は若い頃にヨーロッパの町並にあこがれましたが、歳を取るに従い日本の古建築の美しさが分ってきたような気がします。木造建築に活かされている匠の技は日本の誇る建築技術であり、美しい芸術であると思います。
 長年培って誕生し、育てられた技術や文化は、時間が経つほどにその美しさを増していくような気がします。古い物を安易に無くさないよう守っていきたいですね。
 今日の写真は、カリブ海の島国セントルシアの、最大の観光地にある国立公園の中の遺跡をバックにしています。この遺跡、この国にとってかけがえのない貴重な財産です。

f:id:photolifenet:20170315102537j:plain カメラはOlympus E500に、レンズはキットで付いてきた Zuiko14-45。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換36mm、ISO100、F4.5、1/60sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。