写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

使用カメラは個性的な CAMRDIA C-5060

f:id:photolifenet:20170103200411j:plain

   今日の写真を撮ったカメラは、今はもうオークションでもほとんど見かけなくなった一台で、そもそもこのカメラは販売台数が少なく、発売以来中古市場ではあまり出回らなかった機種です。
 今こうして写真を見てみると、細部の描写は文句なく高い解像度を示しており、レンズ部の精度の高い造りを思わせます。またボケは自然で、良いピントと相まって立体感を感じさせます。
 発色に関しては、発売当時に比べてセンサーが劣化していると思われることから正確なことは言えませんが、印象としては良くありません。しかしながら、この機種発売当時の他のカメラも似たような性能でしたから、このカメラだけの問題ではありません。
 ただ発色に関しては、ソフトウエアーが高性能化していることから撮影後でも補正でき、今ではそれほど問題にはならないと思います。

f:id:photolifenet:20170103200501j:plain

 それにしてもこのカメラ、コンパクトからは程遠いボディのボリュームですが、その個性的なデザインは、一度使ってみたいと思わせる強烈なインパクトがあります。
 写真は手作りのレフ版を使用していますが、それがメガネに写っているのが残念です。眼鏡の人の撮影は難しいですよね。
 小さな写真は自宅庭の垣根で、接写を試したのですが、素晴らしいピントでした。

 カメラはOlympus CAMRDIA C-5060。大きな写真の撮影データは、焦点距離9.3mm、35ミリ版換算?mm、ISO60、F4.0、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。