写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ ジャングルのホテルの餌台に来た Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20170612214935j:plain

 中米ベリーズは熱帯地方に位置し雨が多いことから、全国に熱帯雨林が広がり、この自然がが観光の一つの目玉となっています。

 熱帯雨林と言えば、興味はトロピカルな美しい花であり、またうっそうとした熱帯の森林であるのですが、そこに住む様々な野生生物もまた人々の関心を引きます。

 f:id:photolifenet:20170612214949j:plain

 このベリーズにはそういった人たちのために、ジャングルに多くの観光ホテルが建てられており、乾季の観光シーズンには欧米を中心に多くの人たちが訪れます。

  今日の写真を撮った場所は、そんなジャングルに建てられたホテルで、この国最大の都市から車で2時間半ほどの内陸の町サン・イグナシオの近くにあります。

 サン・イグナシオは近くに、複数の有名なマヤのピラミッド遺跡、滝などのある渓谷、深いジャングルなどの観光資源に恵まれ、この国の内陸髄一の観光の町として有名で、多くのホテルが集まっています。

 ジャングルに立つリゾートホテルには、たいてい野鳥などを集めるための餌台が設置されており、ホテルのテラスに居ながらにしてバードウオッチングが楽しめるようになっています。

 今日の写真は、餌台に置かれたパパイヤを目当てにやってきた Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)で、お隣は鳴き声が美しいグレイカラード ロビンです。 パパイヤは野鳥たちに人気の果物であり、これ一つで10種以上の野鳥たちを間近で観察することができます。

 下の写真のキツツキの頭の赤色がきれいですね。

 f:id:photolifenet:20170612215008j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。