写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

人を怖がらない Hooded Warbler (フーデド ワーブラー)

f:id:photolifenet:20170621215558j:plain

 中米の国ベリーズは、この国最大の都市の街中でも豊かな自然が残っていますから、日常の生活の中でも多くの様々な野鳥たち見ることができます。それらは日本の都市では難しいキツツキやカワセミ、トキ、インコ、ハチドリそしてハゲワシなどです。

f:id:photolifenet:20170621215611j:plain

 街中でこうですから、緑が濃くなる郊外ではさらに多くの種類の鳥たちに出会うことができるため、ベリーズに住んでいた当時、休日にはカメラを持って出かけることが多くありました。
 自宅から車で1時間ほど走れば、湖のある野生生物保護区や、マヤのピラミッドのある遺跡公園があり楽しめるのですが、そこまで行くまでもなくもっと近くでもホーラーモンキー(ホエザル)がたくさん住む、緑濃い農村地帯があります。
 今日の写真はそこで見かけた Hooded Warbler (フーデド ワーブラー)で、トロゴンの鳴き声を追って入ったブッシュにいました。
 この鳥はいつも地表近くで見かけることから、多分その辺りにいる虫を探しているのだと思います。彼らもこの国に住む多くの他の鳥と同じく人に対する警戒心が低く、上の大きな写真では、撮影者に対し好奇心を示すかのような仕草ですね。

f:id:photolifenet:20170621215632j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/60sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。