写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 群れを作るシメ

f:id:photolifenet:20190114201456j:plain
 冬になると様々な種類の鳥が、厳しい冬を乗り越えるために群れを作りますが、私が考えるにその理由は、たくさんの個体で協力しながら餌を探すことと、夏に生まれ巣立ったばかりの若鳥への教育があるのではと思っています。
 若鳥たちは冬の経験がないことから、一羽だけの単独生活では、夏にはなかった様々な困難を乗り切れないのではと思います。それに一羽で行動すれば天敵への警戒がおろそかになり、襲われてしまう可能性が高くなると思いますが、群れであれば誰かが危険に気づいてくれる確率が高まるというものです。

f:id:photolifenet:20190114201517j:plain
 こうして彼らは餌の少なくなる冬を乗り切り、若鳥たちは先輩の行動を見習い、厳しい自然の中で生きてゆく能力を身につけてゆくのだと思います。また群れの中で将来の伴侶を見つけるかもしれません。

f:id:photolifenet:20190114201535j:plain
 今日の写真のシメも、冬になると群れを作る習性を持ち、岐阜市近郊にある自宅周辺でも彼らを良く見かけます。群れの規模はイカルより小さく、これまでに一番大きな群れを見たときは30羽ほどだと思います。彼らがイカルの群れと一緒にいることが多いのは、餌が共通しているからでしょうか。
 シメは渋いながらも美しい羽毛の持ち主すが、その背中をなかなかうまく撮ることができません。

f:id:photolifenet:20190114201439j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 7.1、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。