写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景はジャングルの遺跡

 

f:id:photolifenet:20170221085938j:plain

人物写真の背景はどこにでもありますが、背景はその写真の雰囲気を大きく左右すると思います。中でも例えば日常から離れた、雄大な自然、美しい花畑、ヨーロッパの町並など、どれも魅力的な背景になり得ます。
 そんな中で古い遺跡も写欲をそそる魅力に満ちていますが、なぜ我々は古くから残る物に魅力を感じるのでしょう。やはり心のどこかで歴史の重みを感じているのでしょうか。確かに古い物は現実離れしており、日常とは全く違う世界を垣間見せてくれます。それが魅力的に見えるのでしょうね。
 今日の写真の背景は、カリブの島国セントルシアの、この国の観光スポットの一つであるピジョンアイランドにある遺跡の中で撮った一枚です。
 この遺跡はかつてのイギリス軍が、この島の防衛のために造り上げた要塞の一部です。ポルトガルやスペインが、カリブの島々で作り上げた要塞に比べるとその品質が劣るように見えますが、でもこの国では貴重な観光資源です。
 こういった歴史を持った建物を背景にすると、どことなく重厚な感じがして、画面が魅力的になります。なおこの写真、ウチワで作ったレフ版を使用しています。

f:id:photolifenet:20170221090020j:plain

 カメラはSony α100に、レンズはSony DT18-70。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換60mm、ISO100、F6.3、1/80sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。