読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

世界があこがれる日本の桜

f:id:photolifenet:20170301152112j:plain

 

 日本は今年も桜の季節になりましたね。今では日本の桜は世界中に有名で、この桜の季節を目指して世界中から人が集まるそうです。我々日本人がこよなく愛すこの季節、やはり外国の人たちも同じようにこの桜を楽しみたいのでしょう。
 満開の桜の花の下を歩くと、なぜかえも言われぬ喜びがこみ上げてきて、その幸運を神に感謝したくなります。こんな感情ってなんなんでしょう。やはりそれは桜があまりにも美しく、そしてその美しさが、はかないものだと知っているからでしょうか。また、厳しい冬を乗り切り、暖かい春を確実に迎えたと安堵の気持ちがそうさせるのでしょうか。
 今日の写真の背景は、岐阜市郊外に位置する畜産センター内で、ここには場内の至る所に桜が植えられています。満開時は勿論素晴らしく美しいのですが、なぜか場内で見かける人はそれほど多くはありません。その原因を思うに、近くに水がないからではないでしょうか。堤防に植えられている桜、或いは池の周りの桜は、水に映えとても絵になりますから、満開時には人はそちらの桜並木に行っているのかもしれません。
 海外に長くいると、毎年の桜を見逃したくはないと思うのですが、日本はあまりにも遠く、あきらめざるを得ません。

f:id:photolifenet:20170301152128j:plain

 カメラはSony α700に、レンズはTamron SP28-75/F2.8。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換42mm、ISO200、F5.0、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。    
 さすがにSPレンズ、素晴らしい描写です。