写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

メーカーによって女性の顔が変わるのか

f:id:photolifenet:20170202184412j:plain

 写真の楽しみ方は色々あり、広く親しまれていますが、その要因の一つとなっているのが、固定された映像という大きな成果を容易に手にできることではないでしょうか。カメラの進歩は、誰もが簡単に写真を撮れることを実現したのです。その進歩は、デジタル時代になってさらに大きな飛躍がありました。

f:id:photolifenet:20170202184426j:plain

 さてそのカメラですが、メーカによって撮れる写真が違うような気がするのです。それは、機械的、物理的性能の違いは勿論あるのですが、そういった数値に現れる以外の感覚的な部分のことです。
 カメラやレンズによって、撮れた画像がシャープであったりボケが美しかったりと、その機械的性能が現れるのですが、それ以外に、モデルの女性がこちらの思った通り、或いはそれ以上のかわいらしさで撮れているかどうかが、カメラメーカーによって違うような気がするのです。
 いつもソニーのカメラで撮っているため、それに慣れてしまっているせいなのか、時々ニコンやキャノンで撮ると、女性の表情が私好みの写真ではないのです。ソニーで撮った写真には時々ハッとするのがあるのですが、ニコンやキャノンのカメラではこれが無いのです。
 今日の写真の場所は、岐阜県揖斐川町谷汲にある華厳寺の参道及び境内で撮った二枚です。この日は、初夏のまださわやかさが残っている一日でした。

f:id:photolifenet:20170202184329j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換105mm、ISO125、F4.5、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。