写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

Jabiru (ジャビル) のいる風景

f:id:photolifenet:20170122164136j:plain

 今日の写真は、この中米B国のクルックドツリー野生生物保護区での、ある日の風景です。
 広い湖は乾期で水位を下げ、面積はずいぶんと小さくなっています。その分魚たちは狭い範囲に集まり、水鳥たちの格好の漁場となりますから、あちこちからその魚を狙って多くの鳥たちが集まります。

f:id:photolifenet:20170122164216j:plain

 その数は多分何万羽にも及び、ここでしか見られない野生の壮大な景観を楽しむことができます。その鳥たちは魚を追ってあちこち移動しますから、いつも必ずその鳥の群れたちを見られるわけではないのですが、少ない群れであっても十分に見ごたえがあります。
 写真は、大きな群れではありませんが、でも開いた時の翼長が米州最大の鳥で、ここのマスコットでもある Jabiru (ジャビル)がおり、多くのカワウのいる景色は、ほのぼのとした野生の一場面の美しさを見せてくれています。
 下の小さな写真からも感じ取れますが、ここは本当に野生動物たちの楽園ですね。 

f:id:photolifenet:20170122164112g:plain

カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換105mm、ISO400、F9.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。