読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

嵐の後の Belted Kingfisher (ベルテッド キングフィッシャー)

f:id:photolifenet:20170115092722j:plain

 この中米B国の最大の都市を、8月3日にハリケーンが直撃したことは既にこれまでに何度もお伝えしており、その被害は私の予想を超えて大きく、街やジャングルの樹木の多くが倒れたり折れたりしました。
 これほどに木や森にダメージがあると、そこに住む野鳥たちへの影響が心配されます。ハリケーンの後に訪れたマヤ遺跡公園のアルツンハは、周りにジャングルが広がっているのですが、その森の被害が大きく、そのためなのか、ほとんど野鳥の姿を見ることができませんでした。

f:id:photolifenet:20170115092736j:plain

 そんな心配をしながら、ハリケーンの後にいつもの自宅近所の散歩に出かけた時のこと、散歩コースの折り返し地点である橋の上から今日の写真の Belted Kingfisher (ベルテッド キングフィッシャー)を見かけました。
 彼は強風で葉が落ちた枝で、川面をじっと見守っていました。すぐさま数枚撮り、更に撮影のための良い位置に移動していた時、彼は水面めがけて飛びこみました。それはまさにあっという間の出来事でしたが、彼はしっかり魚をくわえ、対岸のマングローブの根っこに移動しました。その場面が下の小さな写真です。残念ながら根っこが邪魔をして肝心の顔が見えないのですが、大きなくちばしに魚をくわえているのは分かります。
 あんな嵐でも彼らは元気に生き延びているようです。少し安心しました。マングルーブの根の写真の中央にカワセミがいるのが分るでしょうか。

f:id:photolifenet:20170115092748j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。