写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

オメガとセイコー

f:id:photolifenet:20170723214143j:plain

 我々の世代で精密機械と言えば真っ先に思い浮かぶのがカメラと腕時計です。その両方の精密機械は日本が得意とする工業生産品ですが、その先輩はヨーロッパであることはみなさんご存知かと思います。
 その2つの工業製品のうち、カメラ生産はかつてヨーロッパやアメリカでたくさん生産されていましたが、現在では日本が独占状態と言って過言ではないと思いますが、しかし腕時計はそうではありません。

f:id:photolifenet:20170723214236j:plain

 腕時計生産で有名なのはスイスで、沢山の高級ブランドが日本でも知られ、魅力的な製品が多く販売されています。
 さて今日の写真ですが、世界の高級ブランドの一つであるオメガのシーマスターと、我がセイコーのファイブアクタス (5 ACTUS 25 JEWELS) を並べてみました。どちらも機械式の自動巻きで、正確な時間を刻むクオーツが出た後でも衰えぬ人気を誇る機械時計です。
 この写真のオメガは、24年前にアフリカのケニアはナイロビの骨董店で、純正ベルト付きの中古品を、US$200だったと思いますが購入し、日本帰国後に専門店でオーバーホールしました。
 それ以降故障なく正確に時を刻んでおり、この時計が信頼性の高い機械であることが分かりました。使ってみた印象は高級品らしく品質の高さを感じることで、具体的には外装の仕上げはもちろん、自動巻きのローターが音もなくスムースに回ること、竜頭の動きに滑らかさがあることなどです。それに、この写真からも感じられますが、針の視認性が非常によく、一目で時間を読み取ることができます。

f:id:photolifenet:20170723214254j:plain

 オメガの隣に並んでいるのは、わが日本が誇るセイコーの自動巻き腕時計の代表作で、生産後既に40年ほど経っていますから、古さに関して隣のオメガといい勝負ではないかと思います。
 この2者、販売価格に大きな差があることことから単純な比較はできないのですが、それをあえてすれば、まず時間の正確さにおいては 5 ACTUS が上回っているような気がします。
 この写真の個体のオーバーホール歴は分かりませんが、今でも腕に着けている限り±10秒/日の精度で動いていますから、驚異的な機械精度であることが証明されています。
 高級感に関しては、オメガとは値段が大幅にに違うことから、ローターの回転時にこすれるような音がすること、竜頭の動きに多少ガサツな印象があることなど、スイス高級時計とは差は感じます。
 針の視認性については、文字盤が白色である限り問題はありませんが、これに色がつくと途端に悪くなるのがセイコーの欠点だと思います。その点、オメガは隙がありません。
 どちらにしても両者とも素晴らしい製品だと思いますが、コストパフォーマンスではセイコーが上回っていると思います。ただこの感想も購入後のサービスなど、長いスパンで見れば違ってくるかもしれませんが、オメガはエクゼクティブの、セイコー5は庶民の味方の時計であることは確かです。
 それにしてもどちらの時計も美しい姿ですね。うっとりします。
 使用機材のカメラはCanon Power-shot F95。大きな写真の撮影データは、焦点距離12.8mm、35ミリ版換算63mm、ISO 200、F3.5、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。