写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は秋の散歩道の黄色い花

f:id:photolifenet:20170914221738j:plain

 秋晴れの昨日の午後、さわやかな秋の空気に誘われて、岐阜市近郊にある自宅近くの農道を散歩しました。
 自宅周辺は濃尾平野の縁に位置して、平野部から山間部に入る入り口にあたり、農地は稲田と柿畑が大半を占めています。

f:id:photolifenet:20170914221755j:plain

 ただこの散歩した農道の両側は集落に近いこともあり、自家用と思われる野菜が多く作られていますが、イノシシの被害を免れようと畑の周りは囲いができています。仕方のないこととはいえ、この醜い柵はせっかくの農村風景を大きくスポイルしています。
 現在散歩道での一番の見ごろは、今日の写真の背景に写っているオレンジに近い黄色の花で、道路端のあちこちで見られます。最初コスモスかと思ったのですが、黄色一色しか咲いていないことから違うかもしれません。

f:id:photolifenet:20170914221810j:plain

 それとあぜ道のあちこちに赤い彼岸花も見られるようになり、もしばらくすると田のあぜ道や柿畑が赤く染まると思います。この彼岸花、日本では珍しい燃えるような原色の赤色ですが、その刺激的な色が遠い子供頃の秋を思い起こさせる、典型的な日本の風物詩ですね。
 それにしてもこの花、どうして毎年この同じ時期に、まるで時間が分かっているかの如く咲くことができるのでしょうか。

f:id:photolifenet:20170914221838j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算82mm、ISO 400、F9.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このα57、久しぶりに使ってみましたが、ピント、露出とも正確でいつも素晴らしい画像を提供してくれます。特にピントに関しては、他のライバル機が外す逆光での顔のピントも素晴らしい精度で決めてくれます。