写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

オールドレンズの旅 AF Zoom-Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5s MACRO

f:id:photolifenet:20170919210951j:plain

 先日防湿庫の整理をしていて見つけ、今日の写真を撮ったニコンのレンズをご紹介します。
 このレンズはネットで調べると1988年の発売だそうですから、もう30年になる、オールドとまではいきませんが、古いレンズです。
 外観は昔のレンズらしく大柄で、金属でできていると思わせる重さを感じます。ただ、造りはいいと思うのですが、フォーカスリングが軽く回り、この点だけが軽薄な感じがします。

f:id:photolifenet:20170919211010j:plain

 昨日のこのブログ上で、このレンズで撮ったクロアゲハの写真を載せましたが、今日は同じ日に撮った人物写真です。
 人物、特に女性写真の場合は逆光で撮るのが美しく見せるコツで、アクセントとして横並びか背景などに花を配すると、加えて華やかさを演出できます。今日のこの写真はまさにその典型的な1シーンです。
 このレンズの特徴は、ズーム操作が直進式で、またピント合わせは別にリングがありますから、それに対応した操作が必要です。AFで使用する場合は特に問題はないのですが、MFでは操作が少し面倒な感じがします。

f:id:photolifenet:20170919211024j:plain

 今回MFで撮ってみて気になったのは、あるズームレンジでピントを合わせ、その後ズーミングするとピントがずれてしまったことが数度ありました。しかしこれは、もしかしたら私の操作ミスかもしれません。
 画質に関しては全く問題なく、どのレンジでも素晴らしい解像力を楽しめますし、この作例の通り、ボケや発色もきれいです。
 AFで逆光の女性を撮るとピントがあいまいになることが多く、後でモニターで見てがっかりするのですが、このカメラでの場合はMFで、また中央部拡大機能がありますからピントを外すことなく、更に手振れ補正が効きますから、そのレンズが持つ本来の性能を堪能できます。
 これまで不満のあったレンズでも、このカメラで撮りなおしてみれば、そのレンズの性能を見直すことになるのではと思っています。これまで試したレンズ総てがそうでしたから。

f:id:photolifenet:20170919211045j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズはAF Zoom-Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5s MACRO。大きな写真の撮影データは、焦点距離約80mm、35ミリ版換算80mm、ISO 320、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。