写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 道路脇の Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)

f:id:photolifenet:20180505222931j:plain

 今日の写真は、中米の国ベリーズで最も一般的に見られるタカで、その名は Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)で、その名の通り、道路からでも見つけられるほどに数の多い種類です。
 ベリーズの道路を走る際に、道路脇の目立つ木や電線を注意深く見ていれば、大抵は一日に一羽くらいは見つけられるのではと思わせるほどです。ちなみにこの写真も道路脇で撮りました。

f:id:photolifenet:20180505222946j:plain

 そんな数の多いタカですが、その姿は今日の写真の通り精悍で、いかにも猛禽類を代表するような鋭いくちばしを持っています。それにおなかの茶色と、そして尾羽の横縞模がタカ特有の美しさを引き立てています。
 日本では全国的に猛禽類の仲間であるトビが多く見られますが、ベリーズではこれに匹敵するのがハゲワシで、やはり全国的に空を舞っているのがよく見られます。
 そして今日の写真のロードサイドホークは、日本ではオオタカのような存在かもしれません。でもオオタカの方が数が少なく、また大きさや強さもオオタカがかなり上です。

f:id:photolifenet:20180505222915j:plain

 使用機材のカメラはSony α57、レンズは SONY DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F9.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。