写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ 火の鳥のモデル ケツァール

f:id:photolifenet:20190117214151j:plain
 このブログで、最近2回続けてコスタリカの話題でしたが、この国を訪れる多くの観光客が遭遇を希望するケツァールがまだ登場していません。そこで今日はその手塚治虫火の鳥のモデルとなった有名な鳥を話題にします。
 ケツァールは日本人にとても有名な鳥ですが、勿論外国の人たちにも人気の種類で、この鳥を見るために世界中から多くの観光客がここコスタリカを訪れます。
 コスタリカケツァールに出会えるポイントはいくつかありますが、私が知る限りその確率が最も高いのがサベグレ谷です。

f:id:photolifenet:20190117214210j:plain
 そこでは大切な観光資源であるケツァールを、住民が力を合わせて森林を保護するなどの活動をしていますから、個体数が増えているそうですし、ガイドが地元のベテランたちで、彼らはケツァールがその日にどこにいるのかを知っています。ですからほぼ100%に近い確率で世界で最も美しいと言われる鳥に出会うことができるのです。
 サベグレ谷は、サンホセから車で2時間ほどの距離で、気軽に日帰りできますし、現地には国際レベルのホテルがいくつかありますから、できれば1泊することをお勧めします。

f:id:photolifenet:20190117214228j:plain
 今日の写真は12月18日に撮影した3枚で、いずれも場所はサベグレ谷です。地元のガイドはケツァールの好物である木の実がなる木の場所を知っていますから、そこへ順繰りに案内してくれますが、そうして出会ったのがこの写真のケツァールです。
 12月前後の月はケツァールの雄のしっぽが長くなる時期ですから見頃で、ホテルが込みますから早めの予約が必要となります。2枚目の写真でその長く美しいしっぽを確認できます。
 3枚目は、ケツァールのメスで、オスに比べれば地味ですが、それでも美しい羽根毛の持ち主です。

f:id:photolifenet:20190116215010j:plain

 使用機材のカメラは Sony α550、レンズは Sigma AF70-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離150mm、35ミリ版換算255mm、ISO 800、F8.0、1/40sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。