写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハ遺跡のピラミッド

f:id:photolifenet:20190308201716j:plain
 中米の国ベリーズは、日本ではあまりなじみがありませんが、欧米では海洋リゾート、緑濃いジャングル、そしてマヤ遺跡を楽しめる観光地として有名です。そしてメキシコ以南では唯一の英語を母国語とする国でもあります。
 ベリーズのマヤ遺跡は国内のあちこちに散らばっており、それぞれが特徴を持つ遺跡ですが、見どころは何といっても、遺跡群の中で高く石積みされたピラミッドです。

f:id:photolifenet:20190308201731j:plain
 ベリーズの最大の都市ベリーズシティから、車で1時間ほどの距離にある、都市に最も近いマヤ遺跡はアルツンハです。園内のピラミッドの規模は、ベリーズ国内で中から小規模に分類されます。
 アルツンハはいくつかのピラミッド群からなり、その成り立ちは紀元前まで遡る古い遺跡です。その古い遺跡が2000年以上の時を超えて我々にその姿を見せているのですから、これは脅威です。
 マヤ遺跡はもちろんどれも石器時代の遺物で、鉄の道具が現れる以前の建築物ですが、荒い石でピラミッドの形を積み上げた後、ピラミッド表面を飾る石は、大きなレンガのような直方体に加工された石で積まれています。それも途方もない数を。

f:id:photolifenet:20190308201747j:plain
 写真はアルツンハのピラミッドの一部ですが、この辺りはまだ修復の途中で、傷んでいるところはまだ手が付けられていない、多分オリジナルが残っている箇所です。
 メキシコやグアテマラでもそうですが、ピラミッドが美しい姿を見せているのは修復されているからです。これらの他の国でもそうだと思いますが、ベリーズでもジャングルの中には、発見されていてもまだ修復されていないピラミッドが多く残されています。

 2枚目の写真は、ピラミッド石積みのスケール感が分かるように、3枚目の写真の背景に写っているのは、アルツンハの中でオリジナルと思われる石積みがきれいに残っている箇所です。
 ピラミッドは人類の大きなミステリーの一つですね。

f:id:photolifenet:20190308201655j:plain
 使用機材のカメラは Fuji FinePix F60fd。大きな写真の撮影データは、焦点距離8.0mm、33ミリ版換算37mm、ISO 100、F4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。