写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハ公園の Goldenn-fronted Woodpecker(ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20190616223820j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、車で北西に1時間ほどの距離に、この国で都市に最も近いマヤ遺跡のアルツンハがあります。
 アルツンハはいくつかのピラミッドを中心とした遺跡群で、その内の3つのピラミッドがきれいに修復されており、いつでも頂上まで登ることができます。古代人が造ったピラミッドの石に触りながら登り、おまけに足腰を鍛えるにはうってつけの観光地です。

f:id:photolifenet:20190616223846j:plain
 遺跡訪問はそんな楽しみがありますが、もう一つ忘れてならないのは、遺跡公園がジャングルに囲まれた場所にあることから、様々な野生に出会えることです。
 日本には分布しない変わった植物や、これまで見たこともない野鳥に逢えるのですから、自然好きの人にはたまらない場所のはずです。
 今日の写真はアルツンハ遺跡公園の中で撮った野鳥と植物で、1,2枚目が、この国で最も一般的なキツツキの Goldenn-fronted Woodpecker(ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)です。

f:id:photolifenet:20190616223901j:plain
 彼らは生木ではなく、枯れ始めた自然の木や、道路端の木製の電柱に穴を掘って営巣します。写真の巣はヤシ科の木ですが、上の方で幹が折れ、枯れ始めています。
 手前の頭の赤い部分が多いのがオスで、向こうがメスです。鮮やかな赤色や、背中の縞模様がきれいですね。
 3枚目の写真は、熱帯に多く見られるフランボイヤ、日本名火炎樹です。その名の通り燃えるような赤色の花をつけ長い間咲き続けますから、その間楽しめます。ケニアのキスムという街にはこの火炎樹の並木道があり、満開の時はそれはそれは見事でした。
 キツツキの頭の赤と火炎樹の赤。熱帯は原色がきれいですね。

f:id:photolifenet:20190616223756j:plain
 使用機材のカメラは Sony α55、レンズは Minolta AF100-300 F3.5-4.5 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F8.0、1/1,000sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。