読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

薄型のカメラで撮るポートレート

f:id:photolifenet:20170313203005j:plain

 コンパクトデジタルカメラは、これまでに色々なタイプが発売されており、それらのカメラの画質や使い勝手を試すのは興味深い作業です。デジタルカメラの歴史はフィルムカメラに比べれば、はるかに短い歴史しかないのですが、これまでに発売されたカメラ機種は既に星の数ほどあります。
 世界広しといえどもこんな国は日本しかないのですが、写真、カメラ好きにはたまらない状況で、世界のカメラオタクの憧れの国となっているのだろうと想像します。

f:id:photolifenet:20170313203021j:plain

 さて今日の写真のカメラですが、ソニーから2005年11月に発売された Cyber-shot T10 で、1/2.5の撮像素子を使った有効720万画素機で、レンズはカールツァイス銘の3倍ズーム(9群11枚)のバリオテッサーレンズを搭載しています。
 カメラの外観は携帯性を重視した薄型で、シャツのポケットに無理なく収まる大きさに小型化されています。
 このカメラで撮った二枚の写真を見てみると、特に素晴らしいといった画質ではありませんが、小さく薄いレンズを考慮すれば検討しているといえそうです。もともとがこのカメラは高画質を狙った機種ではなく、携帯性重視ですからその点は理解が必要だろうと思います。
 それを承知で言うならば、画面中央部はそれなりの解像感がありますが、隅に行くと怪しくなりますから、もし等倍で見るということであれば、画面隅の部分に主題を持ってくるのは避けた方が無難かと思います。
 また今日の写真のように人物を撮る場合、小さなレンズでは背景が思うようにぼけませんから、人物と背景を大きく離す工夫が必要かと思います。撮影場所は、岐阜市近郊の自宅のバルコニーで、背景は隣の栗畑です。
 なお今日の2枚の写真は、どちらもトリミングなしです。またこのカメラ、接写では想像以上の素晴らしい写真を提供してくれます。

f:id:photolifenet:20170313203044j:plain

 カメラはSony Cyber-shot T10。大きな写真の撮影データは、焦点距離11.5mm、35ミリ版換算?mm、ISO 125、F4.0、1/80sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。