読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

自宅庭のサクランボ

f:id:photolifenet:20170515213339j:plain

 岐阜市近郊にある自宅庭には、様々な実の成る木を植えていますが、これまでに収穫できたのはびっくりグミと夏みかんだけです。これれ以外にナツメ、ブルーベリー、ハッサクなどがありますが、こちらはまだ収穫できていません。これ以外にスモモも植えたのですが、植えた場所が悪く邪魔になったことから途中で切ってしまいました。

 f:id:photolifenet:20170515213349j:plain

 これまでの経験で、びっくりグミは育ちが良く、すぐに実をつけてくれますから収穫の成功率は高いと思うのですが、一方で育ちが良すぎるため、枝を掃うためのメンテナンスが大変かもしれません。

  夏みかんも時間はかかりましたが、今年初めて収穫し食べることができました。でも土がやせているせいか、甘みは少なくすっぱかったのですが、それでも初の収穫でしたから感激して食べました。

 さて、もう一つの実のなる木は今日の写真のサクランボです。これまで何回も実はなったのですが、大きくなる前に落ちてしまい収穫できませんでした。でも今年は今日の写真の通り、実はまだついており、赤く熟してきています。その実の数はものすごく、ごらんのとおり木いっぱいにすすなり状態です。

 ついに今日、この実を採って食べてみたところ、赤く熟したのは甘く、サクランボの味がしました。市販のように紫色ではなく、実も小ぶりですが、確かにサクランボの味です。ついに食べることができました。感激です。

 下の写真は、木の大きさを見てもらおうと全体を撮った写真です。あいにくこの冬の写真しかなかったことから載せたのですが、木の幹の直径は約20センチです。

 でもこのサクランボ、ヒヨドリたちが狙っており、毎日何羽も訪れかすめていきます。彼らを追い払う手段はないものでしょうか。

f:id:photolifenet:20170515213405j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sigma AF300mm Apo Tele Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。