写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は谷汲山華厳寺境内の二つの橋

f:id:photolifenet:20170617221023j:plain

 今日の写真は、岐阜県揖斐川町谷汲にある、西国三十三番札所の華厳寺です。このお寺は岐阜県美濃の山間部にありながら、外国人が訪れるだけの価値があるのか、以前観光バスで来ていた団体の外国人を見かけたことがあります。
 お寺としては境内や建物の規模が大きく、多分京都にあってもそれなりに名所になるほどの風格があると思います。

f:id:photolifenet:20170617221036j:plain

 両側に茶店や土産物屋が並ぶ長い参道と、立派な山門をくぐった境内は深い緑に覆われ、その樹木の大きさを見れば長い歴史を感じ取ることができます。
 参道、境内とも撮影ポイントは多く、風景写真や人物の背景に事欠きませんが、人物撮影の場合、春の桜と秋のもみじの時期人とが多く、なかなか気軽に撮影できません。
 そんな訳で、景色が美しい割には人が少ない今の新緑の時期は撮影の好機で、この時期には華厳寺によく出かけます。
 写真の背景は色鮮やかな赤と、石造の太鼓橋の二つの橋が良いコントラストを見せ、新緑に映える境内の一角です。この写真、光のコントラストが気に入っています。
 下の小さな写真は本堂の内部で、絞り解放、1/30s と暗かったのですが、鮮明に撮れていました。
 それにしてもこのレンズとの組み合わせ、発色がいいですね。

f:id:photolifenet:20170617221059j:plain

 撮影機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron 28-75 F2.8XR Di SP。大きな写真の撮影データは、焦点距離45mm、35ミリ版換算45mm、ISO320、F4.5、1/80sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。