写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は土手の彼岸花

f:id:photolifenet:20171001224319j:plain

 農村のあぜ道や野原を赤く染めた彼岸花は、現在盛りを過ぎ色褪せ始めていますが、その花を名残り惜しんで昨日の秋晴れの中、自宅周辺を探し歩きました。
 でももう周辺の彼岸花は白く色あせ始めていますから、鮮やかな色をしたものは近所には見当たらず、そこで前日の散歩の時に、川向こうの河原の土手にありそうなのを見たことから、そちらへ出向くことにました。

f:id:photolifenet:20171001224333j:plain

 秋の空気がすがすがしい日でしたから、車を途中で乗り捨て、下の小さな写真の通り、美しい水の流れる根尾川沿いに歩きます。途中から田園地帯に入りますが、既に稲は収穫が終わり、田はグランドみたいに広々としています。こんな風景も秋らしくていいですね。
 さわやかな日本の典型的な秋の空気の中、景色を楽しみながら着いた河原の土手には、やっぱりまだ鮮やかな彼岸花がありました。
 人物写真や花を撮る場合、逆光がきれいだと思うのですが、その様に花と人物を位置決めすると、すぐ近くにある看板が邪魔になります。でも邪魔だからとそれを取り去るわけにもいかず、人物と撮影場所の位置を工夫し、看板を避けながら撮った一枚が今日の写真です。しかしそれでもまだ背後に看板の錆びた脚が写っていますが。

f:id:photolifenet:20171001224347j:plain

 でも戸外での写真は、こういった様々な条件の中でそれをいかに消化して絵にするかが醍醐味でもありますね。
 ところでこの写真のレンズは、ミノルタ時代の少し古いタイプですが、今でも素晴らしい描写を見せてくれます。この写真については絞りを開放にしておくべきでしたが、それを忘れてしまいました。

f:id:photolifenet:20171001224411j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Minolta AF28-105/F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離60mm、35ミリ版換算60mm、ISO 500、F8.0、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。