写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 背景は貴重なオオギワシ

f:id:photolifenet:20180430223227j:plain

 中米の国ベリーズにはたくさんの種類の猛禽類が生息しており、その中のいくつかは、街中であっても普段の生活の中で見ることができます。これは野鳥の種類が多く、個体数の密度も濃い熱帯だからと思っていたのですが、よく考えてみると、日本でも日常的に猛禽類の仲間であるトビを見ることができますから、特に珍しいことではないのですね。

f:id:photolifenet:20180430223248j:plain

 よく耳にするのは、海外から日本を訪れた人たちが一様に驚くのは、どこに行っても大きな猛禽が空を舞っていることだそうですが、我々にとってトビが空を舞っているのはごく当たり前の光景ですが、初めて見る人にはそうではないのです。
 さて今日の写真ですが、ベリーズ唯一の動物園の中で、背景に世界最強の猛禽類の一つとして名高いハービーイーグル、日本名オオギワシが写っています。

f:id:photolifenet:20180430223303j:plain

 このワシは中米、南米北部に住みますが、近年は数が激減し、絶滅の恐れのある種類です。動物園でもなかなか見られないほど希少種になりつつあり、その原因は森林の減少と人の密猟が原因と言われています。
 この鳥を間近で見ると精悍で美しい大きな体と、大人の腕ほどもある太い脚が、世界最強を彷彿とさせます。
 オウギワシがいつまでも大空を悠然と舞うことを祈って止みません。

f:id:photolifenet:20180430223209j:plain

 使用機材のカメラはSony α57、レンズは SONY DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離60mm、35ミリ版換算90mm、ISO 400、F5.0、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。