写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

セントルシア 背景はピジョンアイランドのビーチ

f:id:photolifenet:20200702204405j:plain
 カリブ海の島国セントルシアは、国土が日本の淡路島ほどの小さな国ですが、気候が温暖で風光明媚なことから世界中から観光客が集まります。この国の最大の観光スポットは首都カストリーズの北にあるロドニーベイで、この島最長のビーチに沿ってホテル、レストラン、ショップが並び、東カリブ最大のヨットハーバーがあることからこの国で最もにぎやかな場所となっています。
 そのロドニーベイの北の端にピジョンアイランド国立公園があり、そこには豊かな自然と共に、かつてのイギリス軍が建設した軍の施設が遺跡として残っています。今日の写真はその公園内で撮ったものです。

f:id:photolifenet:20200702204427j:plain
 この写真は1枚目と同じアングルで、遺跡の砦に続く道からロドニー湾を見下ろしています。手前の二つのビーチは園内にあるもので、普段は人とが少なく貸し切り状態です。波は穏やかで熱帯魚と泳ぐことができ近くにはシャワー施設がありますから、泳いだ後はさっぱりして帰ることができます。写真の森の中の赤い色はフランボイヤの花です。

f:id:photolifenet:20200702204442j:plain
 この日はたまたま欧米からの団体客が来ていました。大型クルーズ船の乗客や北米の大学の学生の団体も見かけます。それでももう一つのビーチは空いていますから、のんびりと南国の海水浴を楽しむことができます。このビーチで泳ぐとき、ここはこの世の天国だとしみじみ感じます。

f:id:photolifenet:20200702204345j:plain
 使用機材のカメラはSONY α100、レンズは Minolta AF35-105 F3.5-4.5。1枚目の写真の撮影データは焦点距50mm、35ミリ版換算75mm、ISO 100、F 7.1、1/250sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。