写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ ベリーズズーに集まる野鳥たち

f:id:photolifenet:20200718210656j:plain
 中米の国ベリーズの、この国最大の都市ベリーズシティから車で45分ほどの距離に、この国唯一の動物園ベリーズズーがあります。ただこのベリーズズーが普通の動物園と違うのは、ここでで飼われている動物は総て様々な理由で保護されてるもので、よって彼らはこの国で生息している種類ばかりです。その理由とは長年人に飼われたために野生に戻れなくなったもの、幼い時に親を亡くしたもの、けがをしているものなどで、それぞれのケージにその事情が説明されています。それでも我々が普段目にできない種類、例えばジャガークロヒョウ、巨大なクロコダイル、貴重なオウギワシなどが多いことから興味深く見学することができます。
 今日の写真はそんな動物園内で撮った野鳥たちで、彼らは動物たちに与える餌を狙って集まってきたもので、よって檻の中ではなく外にいる鳥たちです。1枚目はグレイキャットバードです。名前の由来は猫のように鳴くことからきています。

f:id:photolifenet:20200718210714j:plain
 2枚目はフーディッドワーブラーで、その名の通り黒いフードを被っているような顔をしています。彼を見るのはいつもバクのいる檻で、ここに彼のお好みの餌があるのでしょう。

f:id:photolifenet:20200718210731j:plain
 3枚目がプレインチャチャラカで、彼らはいつも集団でいます。彼らは驚くほど人間を恐れず、例えば地上にいるとき、人が歩いて近づいて行っても逃げようとせず、むしろ人が彼らを避けて歩きます。彼らは堂々としており、また結構怖い顔をしていますからこちらのほうが神経質になります。

f:id:photolifenet:20200718210746j:plain
 最後はベリーズシティの街中でもよく見かける種類のキツツキで、彼のお目当ては鹿に与える果物です。それにしてもこのキツツキ、頭の赤色が美しいですね。私がこの動物園を訪れるのは展示されている動物よりも、むしろここに集まる野鳥がお目当てなのです。

f:id:photolifenet:20200718210635j:plain
 使用機材のカメラはSONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。1枚目の写真の撮影データは焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO800、F 5.6、1/320sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。