写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は木漏れ日の遺跡

f:id:photolifenet:20170221084757j:plain

 今日の写真も、カリブ海の島国セントルシアの、かつてのイギリス軍が造った軍事施設の遺跡を背景にしています。
 背景は特に遺跡を意識させるものではありませんが、普段見かける日本の風景とは随分違い、目新しさがあります。それにこの場合は光の加減が木漏れ日のせいなのか、少し印象的です。
 このときに使用したレンズは、ミノルタAF時代の全くの普及タイプの標準ズームで、更に解放に近い絞りですが、それを感じさせない、いい写りを見せてくれています。
 しかし同時に、例えばZEISSの高級レンズで撮ってみたいと思わせる光景です。そんな高級(高額)レンズと撮り比べ、両者の間にどれほどの写りの差があるのか、いつかの機会に試してみたいものです。

f:id:photolifenet:20170221084835j:plain

 カメラはSony α100に、レンズはSony Minolta AF35-105/F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換82mm、ISO100、F5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。