写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 背景は熱帯のフランボイヤ(火炎樹)

f:id:photolifenet:20190103202908j:plain
 フランボイヤ、日本語で火炎樹ですが、これは熱帯地方に多く見られる鮮やかな赤い花を咲かせる木です。これまで海外ではアフリカのケニアカリブ海セントルシア、中米のコスタリカベリーズできれいに咲いているのを見てきました。ところが、やはり長期滞在した南米のベネズエラにもあったのかどうか記憶にありません。

f:id:photolifenet:20190103202928j:plain
 これらの国の中で最も数多く咲いていたのはセントルシアで、至る所に自生していたり、公園やホテルのに庭などに植樹したりしてあったりで、花のシーズンにはそれはそれは美しい景色を見せてくれ、またケニアではキスムという街にフランボイヤの長い並木道があったのが印象的でした。
 中米のベリーズも熱帯地方に位置しますからフランボイヤはあったのですが、セントルシアほど多くはありませんでした。しかしそれでも花の季節には、遠くからでもあちこちに鮮かな赤い塊が見え、季節感の乏しい熱帯での分かりやすい時間の流れの区切りになっていました。

f:id:photolifenet:20190103202943j:plain
 今日の写真は、当時我々が住んでいたベリーズシティから、車で1時間ほどの距離にある地方の田舎で、5月に撮ったものです。
 フランボイヤを見るたびに、緑の葉の中の鮮やかな赤色の花のコントラストがいかにもトロピカルな組合わせで、日本では決して味わえない熱帯の世界の光景だと、今しみじみ思い返しています。

f:id:photolifenet:20190103202848j:plain
 使用機材のカメラは Sony α55、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離140mm、35ミリ版換算210mm、ISO 800、F9.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。