写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 背景はマングローブのある川岸

f:id:photolifenet:20200919211012j:plain
 中米の国ベリーズに住んでいた期間、自宅はこの国最大の都市ベリーズシティの中心部から車で15分ほどの住宅地にありました。ベリーズシティは平野部から海に突き出た扇状地であることから市内全体の標高が低く、あちこちに水場あり、そのため街中でありながらも自然豊かな土地で、市内にマングローブの林があるのは珍しくありません。自宅から歩いて30分ほどの距離にベリーズ川支流に架かる橋があり、週末はその橋を折り返し地点として散歩をするのが日課になっていました。今日の写真はその橋の上から撮ったもので、1枚目は下流側のマングローブが茂る川岸がバックになっています。

f:id:photolifenet:20200919211033j:plain
 2枚目は川岸の浅いところで餌を捕るタイガーヘロンです。他の中南米の国でのタイガーヘロンはジャングルツアーに参加してお目にかかる鳥なのですが、ベリーズシティでは普段の生活の中でこうして見れてしまうのです。

f:id:photolifenet:20200919211050j:plain
 こちらはくちばしと顔の一部、それに足の赤色が目立つシロトキで、彼らは夕方になると群れを作ってねぐらに帰ります。青空を編隊を組んで音もなく飛び過ぎるその様は美しくいつも見とれてしまいます。その様子は昨日のこのブログでご紹介しています。

f:id:photolifenet:20200919211105j:plain
 こちらはリトルブルーヘロン。ここに橋が架けられる前は川岸で毎回のように見かけたのですが、橋ができてからはその頻度が落ちました。彼のえさ場としての魅力が下がったのでしょうか。橋の周辺ではこれらの他にも多くの様々な鳥たちに出会うことができます。

f:id:photolifenet:20200919210947j:plain
 使用機材のカメラはSONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。1枚目の写真の撮影データは焦点距離70mm、35ミリ版換算105mm、ISO 400、F 8.0、1/320sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。