写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ ポウイの木に集まる Baltimore Oriole(ボルチモア オリオール)

f:id:photolifenet:20190824204700j:plain
 中米の国ベリーズは熱帯地方に位置することから、日本のように桜の木はありませんが、中米の桜と呼ばれる木があります。
 それはポウイで日本の桜と同じく3月から4月にかけて咲き、咲き方も桜の花と同じく、葉が出る前に花を木いっぱいに付けるところも似ています。

f:id:photolifenet:20190824204716j:plain
 色は白色に近い紫がかったピンク色が多く、中には3枚目の写真のように、熱帯らしい鮮やかなピンク色もありますが、ここまで色が派手になると桜とはイメージが大分違ってきます。
 このポウイの木は野生ですがあちこちに多く育っており、花が付き始めて初めてその数の多さに驚くほどで、あちこちに淡いピンク色が野に広がる景色は、まさに日本の桜をイメージさせるものです。
 そのポウイの花が咲くと、花が多く貯めている蜜を求めて様々な野鳥が花に集まってきます。日本の桜の花にメジロヒヨドリが群がるのと同じです。

f:id:photolifenet:20190824204730j:plain
 今日の写真は、その集まる鳥たちの中でも最もよく見かける種類で、メジャーリーグのチーム名にもなっている Baltimore Oriole(ボルチモア オリオール)です。おなかと腰のあたりの鮮やかなオレンジ色が特徴的な密吸い鳥です。
 彼らはハチドリのような長いクチバシがありませんから、花のガクの部分に穴を開け、そこから蜜を吸います。
 ベリーズでは一年中何らかの花が沢山咲いていますから、蜜を主食にする何種類もの野鳥たちが生きてゆけるのですね。

f:id:photolifenet:20190824204637j:plain
 使用機材のカメラは SONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。